2020年05月03日

ペルシア湾を超えてサバクトビバッタが大陸へと猛威移動

アフリカ大陸で発生して中東、南アジアを超えて、中国にまで迫っている。サバクトビバッタが引き起こしている蝗害(こうがい)。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72070


蝗害は人類の歴史において、度々発生が確認されて、今回規模が尋常でない。平方キロメートルあたり4,000万匹にまで繁殖して、1日で35,000人分の農作物を食い尽くしている。


ペルシア湾を超えてサバクトビバッタ大軍が、大陸へと猛威移動してる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200503-00072070-gendaibiz-int


被害が甚大なのは、東アフリカのケニア、エチオピア、ソマリア。危険度が最も重大な「Dangerous」になっている。エチオピアとソマリアでは、蝗害被害が過去25年間で最悪の状態。ケニアでも過去70年間で最悪の被害を及ぼしている。


次の「Serious」ステータスにある国は、ジブチ、エリトリア、イエメン、オマーン、イラン、パキスタン。他にも、ウガンダ、南スーダン、スーダン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、クウェート、イラク、アフガニスタンも「Threatened」ステータスにあり、脅威に晒されつつある。


サバクトビバッタは毎日、自分の体重と同量の植物を食べる。大人になると2gにもなり、毎日2g消費する。食べるものは、米、とうもろこし、大麦、牧草、サトウキビ、綿、野菜、バナナ、雑草まで何でも食べる。食べる部位も、葉、茎、花、果実、種子、樹皮まで構わず食べてしまう。極めて雑食性が高く、大量発生すると、周囲の植物に著しいダメージが生まれる。

posted by pengiin at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「新型コロナウイルスは自然界由来」 WHOが主張 「緊急事態」継続

世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は1日の記者会見で新型コロナウイルスの発生について「専門家に何度も聞き取りをしており、ウイルスは自然界の由来だと確認した」と述べた。

 WHOのテドロス事務局長は専門家委員会の勧告に基づき、1月30日に出した新型コロナ感染拡大に関する緊急事態宣言の継続を発表した。継続の是非は3カ月ごとの検証が規定されている。テドロス氏は緊急事態宣言の発動時期について「適切なタイミングだった。宣言を出すことで各国に準備を促す十分な時間を提供できた」と主張した。

 WHOの対応を巡っては、「中国寄り」のために初動の判断と対応が遅れ、中国から感染が世界に広がったと、トランプ氏らが批判している。

(毎日新聞)


世界保健機関(WHO)の信憑性が、問われる事態となっている。

posted by pengiin at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする