2020年05月12日

お前は天馬の親族だ

「天馬の族」石垣りん


お前は天馬の親族だ

と、言われても

馬車馬のようにただ働くだけの毎日では

いきおい自由の天地も忘れ

疲れて、よごれるばかりであるが


生きるために人間が

色々の手を使うからといって

それの出来ない者共が

この如く飼い馴らされ

こきつかわれ

馬権を侵害されるとは

不満至極な話である。


せめてこの眼の両脇の

黒い覆いをとってくれ

四方八方、見たいではないか

そうピシピシと鞭をあてるな

私は健康で美しい

杉の木のようにすっくり立った足

海が波うつようなたてがみ


人間は、自分と同種でないだけの理由で

その狭量なヒューマニズムを楯に

別扱いにして恥じないが

なぜ

ゆたかな胸の中に熱い想いをたぎらせ

澄んだ大きな眼で

いつも遠くを、高くをみつめている

我らの永遠の憧憬について

知ろうともしないのか

これが同時代に於ける

もっとも悲しい偏見である。


私は働く

これは隷属ではなくて、愛だ

これだけが自分の持つ

不変のプライドである。


新しい年のはじめに

人は縁起をかついで

初荷だ、と称するが

負わされた背中の重みは

相変わらず、十年一日の中味である

曰く、権力、利益、出世

それもよかろう

歴史の歩みの遅々たる証左であるならば、


道は遠い


とられた手綱のみちびく彼方

人間の目のとどかない天の一角に

 (そうだ、この目に天がうつる)

もしも嵐の影が見えたら

火や嵐の吹きまく兆候が見えたら

ふだんは従順この上もない我等

一声、嘶いてふんばろう

梃子でもそっちへ、行かないことだ。   


(1954.1)

【現代詩文庫・石垣りん詩集】より

posted by pengiin at 13:00| 東京 ☁| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「まごわやさしい」は免疫力を高める食材の基本。

「まごわやさしい」は免疫力を高める食材の基本。

・ま(豆類):腸を整える食物繊維、ビタミン、ミネラル豊富。良質な植物性タンパク質源。

・ご(ゴマ、種子類):食物繊維、血流改善する抗酸化ビタミンE、オレイン酸、ミネラル豊富。

・わ(ワカメ、海藻類):血管の掃除をする水溶性食物繊維、体調を整えるビタミン、ミネラル豊富。

・や(野菜):抗酸化ビタミンA C E、ポリフェノール、便通改善の不溶性食物繊維が豊富。体の代謝の乱れを整え、体調を維持。

・さ(魚類):抗酸化オイルのDHAEPA。免疫力維持に不可欠な毎日食べたい良質なタンパク質源。

・し(シイタケ、キノコ類):β-グルカンによる強い免疫力賦活効果。がんなど細胞老化にも。

・い(芋類):熱に強いビタミンCと食物繊維が豊富で、効率的なエネルギー代謝をサポートする。

古くからの日本人の食生活を、今見直す地点になっていると思う。

posted by pengiin at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 叡知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「I was born」吉野弘

 確か 英語を習い始めて間もない頃だ。

 或る夏の宵。父と一緒に寺の境内を歩いてゆくと 青い夕靄の奥から浮き出るように 白い女がこちらへやってくる。物憂げに ゆっくりと。


 女は身重らしかった。父に気兼ねをしながらも僕は女の腹から目を離さなかった。頭を下にした胎児の 柔軟なうごめきを 腹のあたりに連想し それがやがて 世に生まれ出ることの不思議に打たれていた。


 女はゆき過ぎた。


 少年の思いは飛躍しやすい。 その時 僕は<生まれる>ということが まさしく<受身>である訳を ふと諒解した。僕は興奮して父に話しかけた。

――やっぱり I was born なんだね――

父は怪訝そうに僕の顔をのぞきこんだ。僕は繰り返した。

――I was born さ。受身形だよ。正しく言うと人間は生まれさせられるんだ。自分の意志ではないんだね――

 その時 どんな驚きで 父は息子の言葉を聞いたか。僕の表情が単に無邪気として父の眼にうつり得たか。それを察するには 僕はまだ余りに幼かった。僕にとってこの事は文法上の単純な発見に過ぎなかったのだから。


 父は無言で暫く歩いた後 思いがけない話をした。

――蜉蝣という虫はね。生まれてから二、三日で死ぬんだそうだが それなら一体 何の為に世の中へ出てくるのかと そんな事がひどく気になった頃があってね――

 僕は父を見た。父は続けた。

――友人にその話をしたら 或日 これが蜉蝣の雌だといって拡大鏡で見せてくれた。説明によると 口は全く退化して食物を摂るに適しない。胃の腑を開いても 入っているのは空気ばかり。見ると その通りなんだ。ところが 卵だけは腹の中にぎっしり充満していて ほっそりした胸の方にまで及んでいる。それはまるで 目まぐるしく繰り返される生き死にの悲しみが 咽喉もとまで こみあげているように見えるのだ。淋しい 光の粒々だったね。私が友人の方を振り向いて<卵>というと 彼も肯いて答えた。<せつなげだね>。そんなことがあってから間もなくのことだったんだよ、お母さんがお前を生み落としてすぐに死なれたのは――。


 父の話のそれからあとは もう覚えていない。ただひとつの痛みのように切なく 僕の脳裡に灼きついたものがあった。

――ほっそりした母の 胸の方まで 息苦しくふさいでいた白い僕の肉体――。

I was born」は、1952(昭和27)年11月の『詩学』に投稿されました。このとき吉野弘は26歳。投稿をはじめて2作目の詩です。1詩集『消息』所収、全24篇のうち20番目に置かれています。『消息』は、1957(昭和32)年51日に「自家版」として100部を刊行。同年81日に150部を再版しました。謄写刷り、本文54ページ。B5判よりやや小さめの大きさでした。発行所は「谺詩の会」、非売品。

posted by pengiin at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | 図書と文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする