2020年06月19日

どっちを目指すのか?

4594B083-0ECF-41C2-A3D9-058F7C810F21.jpeg
鳩ぽっぽ🐦
posted by pengiin at 13:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉凶の別れ道

【共同通信】昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で逮捕された前法相の衆院議員河井克行容疑者(57)と妻の参院議員案里容疑者(46)が、陣営関係者らとやりとりしたLINE(ライン)の記録の一部を消去した疑いのあることが19日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は、買収に関する証拠隠滅を図った疑いがあるとみて調べている。

 関係者によると、特捜部は今年3月、夫妻が滞在していた東京都内のホテルで2人のスマートフォンを押収。記録を解析したところ、参院選前の時期のやりとりが消去されていたという。特捜部はデータを復元して捜査を進めている。【共同通信】より

5B50CFD4-CFBC-4748-95CC-A8FB4AE9C096.jpeg

地元記者

「公選法違反事件はふつう、地元警察が動くもので、地検特捜部がわざわざ捜査に乗り出すのは極めて異例。つまり、この事件に対する検察当局の並々ならぬ意欲を感じます。検察はすでに前法相のスマートフォンの全地球測位システム(GPS)情報を利用し、前法相と県議らが面会した場所や日時を特定。県議らの供述も得ている。公選法違反事件の証拠は十分そろっており、本来であれば在宅起訴でお茶を濁してオシマイでしょう。それなのに2人を逮捕して身柄を抑えるというのは、その先があるということ。ささやかれているのは、ズバリ、『本丸は安倍官邸ではないか』というのです」


「というのも、事件の舞台となった昨夏の参院選では、首相官邸から案里議員の応援に駆け付けた『官砲射撃』と評された部隊のほか、安倍首相の地元・山口県の事務所からも秘書数人が広島入りし、首相の名刺を配っていました。さらに党本部からは破格の1.5億円もの選挙資金です。検察当局は、このカネを秘書らがどう使ったのかに最大の関心を寄せています。首相秘書がカネの使途を全く知らない、関与していない、ことはあり得ませんからね。 」


 そもそも、半年も1年も前から選挙準備している候補者であればともかく、案里議員のように間際に出馬を決意した候補者が1億円を超えるカネを使い切るのは難しい。いくら、裏でコッソリと思っても、公選法で定められた法定費用があるわけですから。そのため、1.5億円のうち、使い切れなかった残りのカネがどこに流れたのか。一部が政治家に還流したのではないか。これが今回の事件の核心です。おそらく、カネの流れについて河井夫妻も知っているでしょう。だから、『私たちが話したら政権終わるよ』と妙に強気なのではないか。

【日刊ゲンダイ】より

5B50CFD4-CFBC-4748-95CC-A8FB4AE9C096.jpeg

posted by pengiin at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする