2020年06月22日

セキュリティに「指のクセ」導入ビジネス

データ分析技術が進み、個人の何気ない「クセ」がビジネスを生む時代になった。進化が著しいのがセキュリティーの分野だ。スマートフォン操作やタイピングのクセから本人かどうかを確認する。サイバー犯罪が急増するなか、従来型のパスワード認証などを補う切り札として期待される。


パスワードや顔認証でログイン済みパソコン。席を立った隙に別人が操作し始めるが、途端にロックがかかる――。

【日経新聞】

posted by pengiin at 13:03| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『銀のペンセル』小川未明


 三味線しゃみせんをひいて、たびおんなが、毎日まいにち温泉場おんせんばまちあるいていました。諸国しょこくうたをうたってみんなをおもしろがらせていたが、いつしか、その姿すがたえなくなりました。そのはずです。もう、やまは、朝晩あさばんさむくなって、みやここいしくなったからです。
 ゆうちゃんも、もう、東京とうきょうのおうちかえちかづいたのでした。ここへきて、かれこれ三十にちもいるあいだに、近傍きんぼうむら子供こどもたちとともだちになって、いっしょに、草花くさばないた、おおきないしのころがっている野原のはらをかけまわって、きりぎりすをさがせば、また、みずのきれいな谷川たにがわにいって、岩魚いわなったりしたのであります。
きみ、もう、じきに東京とうきょうかえるのか。」と、一人ひとり少年しょうねんゆうちゃんにききました。
 そのかおがまるくて、いろくろ快活かいかつ少年しょうねんでした。ゆうちゃんは、この少年しょうねんきで、いつまでもともだちでいたかったのです。
きみのおうち東京とうきょうだと、いいんだがな。」と、ゆうちゃんは、いいました。
きみのおうちこそ、こっちへしてくれば、いいのだ。」と、少年しょうねんこたえました。
 そらいろが、青々あおあおとして、しろくもたか野原のはらうえんでゆきます。
 あとの子供こどもらは、いつか、どこかへいってしまったのに、その少年しょうねんばかりは、名残惜なごりおしそうにゆうちゃんのそばから、いつまでもはなれずにいました。
「いいとこへ、つれていってやろうか。」と、少年しょうねんさきって、くさけて、やまほうあるきました。
「どこへゆくんだい?」
 ゆうちゃんは、かおをあげて、いくたびもあちらをました。少年しょうねんは、だまってあるいていましたが、やがてまえに、はやしのぞまれました。葉風はかぜが、きらきらとして、えだは、かぜにゆらめいていました。もうくちけているくりのがいくつも、えだのさきについているのでした。
ぼくつけておいた、いいものをってきてあげるから、ここにっていたまえ。」と、少年しょうねん雑木林ぞうきばやしけてはいりました。そして、あちらの、こんもりとした、やぶのところへいって、しきりと、つるをたぐりせていました。ゆうちゃんは、うしろについてはいる勇気ゆうきがなく、はやしはしに、ってっていると、少年しょうねん紫色むらさきいろのあけびのをいくつも、もいできてくれたのであります。
「このもりには、りすがいるから、みんなべてしまうんだ……。」と、少年しょうねんは、いいました。
 ゆうちゃんは、はじめて、りすは、こんなところにすんでいるのかとりました。
東京とうきょうってかえって、お土産みやげにしよう。」
 ゆうちゃんは、にいさんや、ねえさんや、また、近所きんじょ叔母おばさんに、これをせたら、どんなによろこばれるだろうとおもいました。
東京とうきょうってかえるなら、まだ、いいものがあるぜ……。高山植物こうざんしょくぶつが、いいだろう……。」
高山植物こうざんしょくぶつがあるの?」
 ゆうちゃんは、少年しょうねんについて、こんどはやまほうのぼってゆきました。やまやまあいだになっている谷合たにあいにさしかかると、がかげって、どこからか、きりりてきました。岩角いわかどしろはないているのを、少年しょうねんは、つけて、
「これは、うめばちそうだ。」といって、丁寧ていねいからってくれました。
 また、湿しめっぽい、のわずかにもれる、したをはって、ちいさいさんごのようなあかのなっているのをしながら、
「これは、こけももだ。こうしてっていったら、がつくかもしれない。」と、少年しょうねんはしんせつに、ってくれました。
 温泉場おんせんばまちまで、二人ふたりは、いっしょにきました。わかれる時分じぶんに、
きみ、また明日あすのいまごろ、あのおおきなしらかばのしたであわない?」と、ゆうちゃんはいいました。
 無邪気むじゃきな、くろをした少年しょうねんはうなずいてりました。
「なにか、ぼくっているものをやりたいな。」と、ゆうちゃんは少年しょうねんわかれてから、かんがえていました。
明日あすあったとき、ぼく大事だいじにしているぎんのペンセルをやろう……。」と、こころなかで、きめました。いつしか、約束やくそくした翌日よくじつとは、なったのであります。
 しらかばのしたへ、ゆうちゃんはくると、すでに少年しょうねんっていました。おたがいに、にこにことして、また、めずらしいくさをさがしたり、いしたにかってげたりしましたが、ゆうちゃんは、わすれないうちに、ってきた、ぎんのペンセルをして、
「これをきみにあげよう……。」といって、少年しょうねんわたそうとしたのです。
 少年しょうねんは、したが、じっとて、それをもらおうとはしませんでした。
ぼく、こんないいものいらない。」と、かおあかくしながら辞退じたいしました。
「いいから、きみにあげよう。」と、ゆうちゃんは、無理むりにもらせようとしました。
ぼく鉛筆えんぴつがあるから、いらない。」と、少年しょうねんはなんといってもらなかったが、ついに、していってしまったのです。
 ゆうちゃんは、あとで、さびしいがしました。それから、温泉場おんせんばまで、ふたたび少年しょうねんることができなかったのでした。東京とうきょうかえ汽車きしゃなかでも、ゆうちゃんは、少年しょうねんのことをおもしていました。
「なんでぼくのやろうといった、ペンセルをってくれなかったのだろうな……。」
 こうおもったが、一ぽうに、ペンセルなんかしがらない、少年しょうねんが、なんとなくなつかしくかんじられたのです。
 高山植物こうざんしょくぶつは、都会とかいってくるとしおれてしまいました。
「どうかしてのつくように。」と、ゆうちゃんはたか物干ものほだいうえに、こけももとうめばちそうのはちってきておいたのです。あおあおよるそらは、とおく、きたほうれかかっていました。そのかなたには、これらの植物しょくぶつのふるさとがありました。ほしひかり高原こうげんそらにかがやいたように、ふけのそらにきらめき、さすがに、都会とかいにも、あきがきたのをおもわせて、かぜがひやひやとしました。
「ここにいたら、やまにいるようながして、がつくかもしれぬ。」と、ゆうちゃんは、少年しょうねんってくれた草花くざばな大事だいじにかばいました。そしてあくる日、けるのをって、物干ものほだいがってみますと、なんとしても、だますことはできなく、うめばちそうのしろはなあたまれ、こけもものこまかいうつくしい幾分いくぶんばんでいるのです。
 あの清浄せいじょうな、たかやまでなければ、これらの草花くさばなそだたないことをりました。ゆうちゃんは、それから毎晩まいばんのように物干ものほだいがって、あおよるそらをながめながら、たかやまや、少年しょうねんのことをおもしていました。白々しろじろとして、ぎんのペンセルのように、あまがわが、しんとした、よるそらながれて、そのはし地平線ちへいせんぼっしていました。
ぼくは、こんないいものはいらない。」といった、少年しょうねん言葉ことばみみにひびいて、こけもものあかのように、うめばちそうのしろはなのように、ゆうちゃんには、未知みち山国やまぐに生活せいかつがなつかしまれたのであります。





底本の親本:「未明童話集5」丸善 1931(昭和6)年7月10日発行
初出:「児童時代 創刊号」  1930(昭和5)年12月
posted by pengiin at 13:00| 東京 🌁| Comment(0) | 図書と文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする