2020年06月28日

2本足で歩くワニ なぜ消えた? 韓国で1億年前の足跡

11000万年以上前の白亜紀には、現在の韓国南部、晋州市近くの沿岸部は広大な湖に覆われていた。ぬかるんだ湖岸にはカエル、トカゲ、カメ、そして恐竜などがすんでいて、泥に足跡をつけていた。湖の水位が上昇するたびに、こうした足跡に砂が入り、その一部が足跡化石として保存された。


生痕化石の研究者・米エモリー大学のアンソニー・マーティン氏

「陸上を後肢で二足歩行していたワニ類がいたとは、実に奇妙です。とはいえ、白亜紀は本当に奇妙で不思議な時代だったのです」


研究者たちは発見された二足歩行のワニを、新しい生痕種(生痕化石のみが知られている種)として「バトラコプス・グランディス(Batrachopus grandis)」と命名する。


「バトラコプス(Batrachopus)というワニ類の動物ではないかと言いました。最初は信じられませんでした。二足歩行のワニなど想像できなかったからです。けれども、先の丸い指、足裏の肉球、皮膚の細部を見て、その判断に納得しました」


1億年前のワニが二足歩行をしていたとしたら、なぜ今日のワニは四つ足で這い回っているのだろうか? ロックリー氏は、白亜紀の一部の動物にとっては、多くの肉食恐竜と同じように、後足で立って高い姿勢をとるほうが有利だったのではないかと考えている。

「当時は見渡すかぎり平坦な風景が広がっていて、走り回ったり視覚に頼って狩りをしたりするのに適していたのでしょう」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO60539410Z10C20A6000000?n_cid=NMAIL007_20200628_A&page=3

58FE7787-24E8-4DF9-8B9D-BDA9E11B1A05.jpeg
posted by pengiin at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《王》の位置するバランスについて

王国の君主、王様や皇帝になりたがる殿方が多々いらっしゃります。

この世では天と地の間に人はうまれて在ります。

「王」の正しい字をよく見ますと、地を示している下のラインよりも、天地を示している上のほうへ近くラインが引かれているのがわかります。

E8EAC236-FB6D-42E6-BB63-F9E5BF91AA87.jpeg

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

地上界よりも天界への近くに、王 (皇族)(おう、みこ、おおきみ)が鎮座されていることを示しているということらしいです。

ひとつの国家、もしくはひとつの民族の長として振舞う存在する「王」。その国家なり民族なりの伝統文化を含めて、全責任を委ねられる霊性の高みに位置する、人と神の間を高度に取り持つという役目を背負う者であります。支配して個の欲を満たされていくという者とは程遠くある「王」。

それより皇帝はもっと天界への近くに配置されるので、さらに霊性は推移されて天高くあらねば役目は果たせません。

66E9BD30-EA95-411A-AAF0-2CBEA8BAEFD0.jpeg

法皇の持つ杓杖にも、王の位置するバランスが描がかれます。

上の図は地上の欲にまみれ成りさがった王の姿です。

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-f671.html


━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

posted by pengiin at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする