2017年05月20日

ニュージーランドに生息する希少種ペンギンのキンメペンギン(Megadyptes antipodes)が、2060年までに絶滅する恐れがあると、雑誌PeerJの中で述べられる

29E9223F-EA3D-4D56-BFD5-2B958DC8E08E.jpg

オタゴ大学「2015年に確認された大人のペンギンが生存する一般的な可能性を考えた場合、我々のモデルは、ニュージーランドのキンメペンギンはおよそ25年後に絶滅すると示している。彼らの数におけるあらゆる大きな損失は、今日そして近い将来、その日に近づくばかりだ」と発表。

キンメペンギンはペンギン種の中で、最も北部に分布して、最も希少な種類で、約1500万年前にニュージーランドや南米沿岸に生息していた体長2メートルの巨大ペンギンあるいはその近縁種の直属の子孫。キンメペンギンの解剖学的構造、行動スタイル、繁殖戦略は、他のペンギンと著しく異なっている。

E09771A0-8430-4805-9EF0-FB14173FA6B2.jpg

posted by pengiin at 11:53| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]