2020年06月28日

《王》の位置するバランスについて

王国の君主、王様や皇帝になりたがる殿方が多々いらっしゃります。

この世では天と地の間に人はうまれて在ります。

「王」の正しい字をよく見ますと、地を示している下のラインよりも、天地を示している上のほうへ近くラインが引かれているのがわかります。

E8EAC236-FB6D-42E6-BB63-F9E5BF91AA87.jpeg

━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

地上界よりも天界への近くに、王 (皇族)(おう、みこ、おおきみ)が鎮座されていることを示しているということらしいです。

ひとつの国家、もしくはひとつの民族の長として振舞う存在する「王」。その国家なり民族なりの伝統文化を含めて、全責任を委ねられる霊性の高みに位置する、人と神の間を高度に取り持つという役目を背負う者であります。支配して個の欲を満たされていくという者とは程遠くある「王」。

それより皇帝はもっと天界への近くに配置されるので、さらに霊性は推移されて天高くあらねば役目は果たせません。

66E9BD30-EA95-411A-AAF0-2CBEA8BAEFD0.jpeg

法皇の持つ杓杖にも、王の位置するバランスが描がかれます。

上の図は地上の欲にまみれ成りさがった王の姿です。

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-f671.html


━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

posted by pengiin at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]